• TOP
  • 東京都
  • 水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」

スイリクリョウヨウバス スカイダックトウキョウ トウキョウスカイツリーコース

クーポン 水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」
  • おすすめ

東京都
船・クルーズ・乗り物 スポーツ・体験 観光コース

バスが船に変身!水陸両用バス・スカイダックで東京スプラッシュツアーお得なクーポンでGO!

水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」写真ギャラリー

水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」紹介

東京の下町の風情を味わいながら・・・東京らしさ新発見!!

水陸両用バススカイダックは、現在東京と横浜で運行しております。東京エリアでは、とうきょうスカイツリー、お台場、豊洲、銀座の4つのコースと横浜みなとみらいコースの計5つのコースをご用意しております。普段見慣れた風景も、陸と海から観光することにより新たな発見も期待できます!スカイダックは陸と水上も走行!バスから船へ変わる瞬間が迫力満点!是非ともお子様、お孫様、ご家族スプラッシュを体験してみて下さい!
スカイダックは、スプラッシュする瞬間だけではなく、陸路走行中は2階建てバスとほとんど変わらない目線からお楽しみ頂けます。ただ走行しているだけでもとても目立ちます。お散歩中の方に手を振ると、ちょっとした有名人気分も味わえるかも!?
しかもこのバスなんと窓ガラスがありません!変わりゆく景色・香りを存分に感じて下さい!

下町の風情を味わいながら、東京スプラッシュ観光!
スカイダックの初営業運行がこちらのコースです!

【運行情報】(約100分)
~2018年3/31 ①10:10 ②13:10 ③15:20
2019年4/1~  ①10:20 ②13:20 ③15:30

【運行コース】
★東京スカイツリー(R)コース(所要時間:約100分)
とうきょうスカイツリー駅前~亀戸~東大島「旧中川・川の駅」(水上運航・トイレ休憩)~亀戸~とうきょうスカイツリー駅前
...とうきょうスカイツリー駅前から発車し、車中から東京下町を観光!「旧中川・川の駅」から川の中へスプラッシュします。

【予約について】
webまたは電話にて事前予約が可能です。
※ご予約がなくても空席がある場合はご乗車は可能です。

【乗車までの流れ】
①乗り場についたら、チケット売り場にてご希望の出発時間をお伝えください
②空席がありましたら、クーポンをご提示の上チケット代金をお支払いください
 事前にご予約済の方はお名前をお伝えください
③乗車の案内がありましたら係員の誘導に従ってご乗車ください
④ご乗車したら”スプラッシュ!”をはじめ思い出に残るひと時をお楽しみください

  • メールで送る
  • LINEで送る
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」 クーポン一覧

クーポン

水陸両用バス スカイダック 「とうきょうスカイツリーコース」割引!

とうきょうスカイツリー(R)コース
大人(中学生以上)
2,900円→2,700円

小人(4歳~小学生)
1,400円→1,300円

※3歳までのお子さまは大人の膝上にお座りいただくことで無料でご乗車いただけます。
 お座席をご利用の場合には小人料金がかかります。

※1画面あたり2名様までご利用可能
※ご利用当日にとうきょうスカイツリー駅前営業所にお越しいただき、当日券または予約済チケットのご購入時にクーポンを提示してください。ご予約はご利用の1ヶ月前より可能です。
※満席時にはご乗車いただけない場合がございます。
※他の割引券、クーポン等との併用不可。
※HP、コールセンターにて運行、空席情報をお確かめください。

続きを読む

発行日より3日間有効

水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」 知っ得情報

街中を走るアトラクション!川も優雅に泳ぐ!
水陸両用バス「スカイダック」の全貌をご紹介!
スカイダック外観 スカイダック外観

東京の新名所、とうきょうスカイツリー駅から徒歩2分ほど、業平一丁目交差点にある小さな建物に隣接する駐車場、そこに一風変わった大きな乗り物が停まっています。
何これ?という興味とともにその姿にワクワクする感覚、それが今回ご紹介する「スカイダック」との出会いでした。

ロゴ 泳ぐスカイダック (左)ロゴ (右)泳ぐスカイダック

「スカイダック」は道路を走るバスであり、入水して川を進む船でもある水陸両用バス。
その姿もまるで生き物のようで「スカイダックくん」て呼びたくなる愛嬌があります。

冬の寒さ真っただ中の2月某日AM8:30、東京都練馬区と板橋区の境、小竹向原駅から徒歩約15分、閑静な住宅街の一角にある日の丸自動車興業株式会社の車庫。たくさん並ぶバスの中にいました!存在感があります。

背が高いダックくん 背が高いダックくん
車内 車内
ビニール窓有りイメージ ビニール窓有りイメージ
すべて読む
スカイダックの知っ得あれこれ
体験前の事前学習!
まずは「スカイダック」の
多機能で特徴的な概要をご紹介
読む
乗下車用タラップ 乗下車用タラップ

2013年3月に営業を開始して2016年3月で3周年。
バスのボディ部分はアメリカ製、タイヤ等シャーシ部分は国産日野自動車製のハーフになります。
路線バスなどよりも背が高く、約3.7mあり、タイヤ等は4トントラックと同じ仕様。 乗車方法は、背が高いこと、構造上の都合もありバス後方からタラップで乗り降りします。
飛行機のようなイメージですね。
ライトの位置がとてもチャーミングです。前照灯の高さ制限があるために、この辺りについているようです。
バスのナンバープレートは見慣れたところについていますが、船のナンバープレート、「船舶番号」も付いています。乗り口の右側にある番号がそれですので、乗車の際はぜひ見てみてください。
運行するためには公道を走るための車検と船としての船検両方の検査証が必要です。
車後方には船になった際に動力になるスクリューが隠されています。(写真は特別の許可を得て撮影しています。)

舵 スクリュー (左)舵 (右)スクリュー

車内には様々なものが積まれています。安全対策として、救命ボートや救命胴衣はもちろん。船でもあるのでなんと、碇まであるそうです。
車内も特徴的!乗車人数は36名で、座席は通常と大きな差はありませんが、窓はありません。正確にはビニールシートのような窓はありますが営業運転時には窓全開で、風を感じながらの走行となります。
窓際をよく見ると柔らかい素材を使っていてクッションのようです。船としても運航しますし、揺れが通常よりありぶつかってもケガをしないようにという心遣いの一面も。
船ですので座席下に救命胴衣が装備されています。お子様は入水時には着用ください。
公道運行時シートベルトは全員着用必須です。

「スカイダック」の
ドライバーさんはすごい!
読む
右:堀口さん、左:箕輪さん 運転席 (左)右:堀口さん、左:箕輪さん (右)運転席

当日のドライバー兼キャプテンは、堀口一郎さんと箕輪知晃さん。
「スカイダック」の運転は誰でもできるわけではなく、まず資格が必要なのです。
大型二種および一級小型船舶操縦士の免許を両方携えています。資格取得後も様々な船を操縦する訓練もしているとか。
運転席兼操縦席も大きなハンドルから船を動かすスロットルに舵まであります。

運転の様子 前方バスより高い (左)運転の様子 (右)前方バスより高い

そして、見る者を喜ばせる「スカイダック」の形は、困ったことに運転時ドライバーさんの席(右)から左側下部が見えません。そのため、運転時は2名体制で安全確認を怠らずに運行しているのです。
普通自動車免許しか持っていないごっちとしては想像しただけで大変さがわかります。

いざ出発!目的地は出発地!
読む

今回特別にスタッフ3名で車庫から乗車させていただきました。
9:10頃出発!動いたときの揺れは思ったほどないです。背が高いので前にいる乗用車がスッポリ隠れて見えない。。。
先ほどお伝えしたようにドライバーさんたちの連携は見事です。

高速走行中の車窓から 高速走行中の車窓から

9:30頃なんと「スカイダック」くん首都高速に乗ります。大きな車体でカーブを曲がると防護壁が迫ってくるようで、迫力満点!アトラクションみたいです。
9:50頃 特別混雑もなく、首都高速を降りて一般道へ。気づけばそこは浅草です。

営業所横で出発を待つ 営業所横で出発を待つ

ほどなくお客様を迎える駐車場へ10:00頃到着。
実は日の丸自動車さんのスカイホップバスも同じ出発地にいて、駐車場を順番に使っているのでタイミングが合うと赤と茶色のバスを同時に見られることがあります。

ハナミ坂から ハナミ坂から

スカイホップバスは東京を乗り降り自由で周遊できる2階建バスです。
東京ソラマチのハナミ坂から見ると、こんなところに止まっています。町の片隅に船が隠れているみたいで、とても不思議。ぜひ探してみてください。

チケット売り場 右:ガイドの熊澤さん、左:カウンタースタッフ土居さん (左)チケット売り場
(右)右:ガイドの熊澤さん、左:カウンタースタッフ土居さん

隣にはチケット売り場があります。
チケットはこちらでご購入いただけます。クーポンは購入時にスタッフさんへご提示ください。

グッズが並ぶ スカイダックチョロQ (左)グッズが並ぶ (右)スカイダックチョロQ

売り場内では各種グッズも販売されています。オリジナルな品ばかりですのでこの機会に是非。おすすめはスカイダックのチョロQ。かわいいです!

道を走れば注目の的!
モテモテな「スカイダック」
約100分間のツアーへ
読む
コース概要図 コース概要図

さて、本日は10:45発のスカイダックツアーへ同乗させていただきました。
寒い日の朝一便ですがお客様もしっかりご乗車いただいていました。
ガイドの熊澤春菜さんのご挨拶からはじまってまずは街中を疾走。
窓が無いのでガイドさんの元気な声が響きます。ご案内いただく内容も面白く、思いっきりが良いので気持ちいいです。
バスは亀戸駅前を通り、東大島駅あたりから旧中川へ。

アヒル口の笛を吹くスタッフ アヒル口の笛を吹くスタッフ

途中、アヒルさんの形をした笛が配られました。吹くと、「ブーッ!」という音が。
ガイドさんの合図でアヒルの合唱です。
楽しいです!これはお持ち帰りできるので、ぜひ家でも吹いてみてください!

入水スロープが見えてきました 入水スロープが見えてきました
入水前に救命胴衣の使い方案内 入水前に救命胴衣の使い方案内
いよいよスプラッシュ いよいよスプラッシュ
優雅に泳ぐスカイダックから 優雅に泳ぐスカイダックから

いよいよ、スプラッシュの時が!「旧中川・川の駅」にいる人々に見守られて、坂道から一気に
スプラーッシュ!しました。前方の水しぶきはすごいですが濡れることはないのでご安心ください。

穏やかな水面 穏やかな水面

入水したら今度は船になります。シートベルトをとって船内を動きながら撮影もできますのでバシバシ撮影タイムです。

橋桁を下から見上げる 東大島駅 (左)橋桁を下から見上げる (右)東大島駅

東大島駅など橋げたの下も見られますよ。
水がキラキラして一気に船旅気分を味わえます。

フルスロットル! フルスロットル!

そして、スクリューが一気に回転してスカイダックの本領発揮!トップスピード7ノットへ。どのくらいのスピード感かは是非体験して感じてください。
道を走るためのエンジンとは別に、船舶用エンジンも装備しています。パワフルなエンジンを使っているので、日本で一番速い水陸両用バスなんですって!

川の駅外観 川の駅外観 もんじゃ焼きマン 足湯 (上)川の駅外観
(左下)もんじゃ焼きマン (右下)足湯

20分弱のすっかり優雅なアヒルさん気分を満喫して、今度は船からバスへ。
入水時と同じ坂を今度は駆け上がります。
そして、ここで約20分間の休憩タイム。バスを降りて「旧中川・川の駅」でトイレも利用できます。川の駅は店内に足湯まであるんです。下町ならではのもんじゃ焼きマンも人気。

洗車中 洗車中 洗車中

ところで、その間スカイダックはというと。
実は川が海に近い位置にあることから塩分を含んでいるため、休憩時間中に水に浸かったところを洗車しているのです。
サビから車体の健康を守ること、公道に塩水を走りまかないことから洗い流す作業が必要なので。多くの方の協力があってこそのスカイダックですね。

入水時の操作について、ドライバー兼キャプテンの堀口さんに伺いました。
陸と水中ではエンジンが異なるため、入水のタイミングと陸に上がるタイミングで切り替えをしているそうで、この操作がまた他にない特別な技術ですね。

休憩タイムが終わると西大島方面を通って帰路へ。
ガイドの熊澤さんまだまだ元気です。沿道の方から手を振ってもらったり地元の人気店やスポーツや勝負事にご利益があるという香取神社など紹介をいただきます。下車後の観光に是非な情報が惜しみなく出てきます。。
とうきょうスカイツリー駅前営業所へ戻ってツアー終了!
あっという間に感じましたが楽しい非日常体験ができました。

その存在感で注目を集め、
人々を楽しませる
才能豊かな乗り物
読む

「スカイダック」は川を泳ぐ安全上、天候によっては運休になることもあります。
事前にチケット購入もできますが当日チケットはおすすめです。
下町バス観光から船旅まで一度に体験できる斬新なツアーです。
楽しさをお伝えしきれないので是非体験をしてみてください。

最後に、これだけ多くの準備、装備、技術、管理が必要な水陸両用車を大都会東京で走らせた日の丸自動車さんはすごい!です。
そして、当日安全運行をしていただき、貴重なお話を伺わせていただいたドライバー兼キャプテン堀口さん、箕輪さん、楽しいご案内でツアーを一層盛り上げていただいたガイドの熊澤さん、チケット売り場でご対応いただいたカウンタースタッフの土居さん、広報の内田さん、朝早くからお時間をいただき、また、たくさんのお話を伺わせていただきましてありがとうございました。
そして、3歳から4歳、10歳と、より魅力的になって成長していくスカイダックくん、運行お疲れ様でした。

【運行について】
《2016年4月1日~2016年9月30日》
毎日 9:30 / 11:25 / 13:25 / 15:25
時期によって運行スケジュールは異なります。
ご利用の際にはお問い合わせください。

【コースについて】
東京スカイツリー(R)コース(所要時間:約100分)
とうきょうスカイツリー駅前~亀戸~東大島「旧中川・川の駅」(水上運航・トイレ休憩)~亀戸~とうきょうスカイツリー駅前
...とうきょうスカイツリー駅前から発車し、車中から東京下町を観光!「旧中川・川の駅」から川の中へスプラッシュします。

【料金について】
大人2,900円 / こども1,400円

このレポート内容は2016年3月現在の情報に基づきます。

水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」基本情報

施設名
水陸両用バス スカイダック東京「とうきょうスカイツリーコース」
フリガナ
スイリクリョウヨウバス スカイダックトウキョウ トウキョウスカイツリーコース
住所
東京都墨田区業平1-17-6(集合場所・チケット売場)
電話
03-3215-0008
スカイバスコールセンター(09:30~18:00)
営業時間
09:00~18:00
定休日
毎週木曜日(祝日は除く)、その他臨時休業があります。
アクセス
【チケット売り場・乗り場まで】
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」正面口より徒歩約2分(とうきょうスカイツリー駅前営業所)
・都営浅草線 「押上駅」より徒歩5分
駐車場
チケット購入の営業所には駐車場はありません。周辺パーキングまたはとうきょうスカイツリー駐車場をご利用ください。
料金
大人(中学生以上)2,900円
小人(4歳~小学生)1,400円
おすすめシーン
観光、旅行、友達、カップル、ご家族
雨でもOK
雨天時は、レインコートを無料で配布いたします。レインコートをご着用の上、ご乗車ください。雨天でも運行はしますが、強風・大雨・雷雨・車両不具合等の場合は、運行会社の判断により急遽運休、または中止させていただく場合がございます。当日の運行情報は、スカイバスコールセンター(03-3215-0008 9:30~18:00)にお問い合わせください。
URL
カード利用
VISA、MASTERカードのみ利用可